大手消費者金融以外でもお金を借りられる

手軽にお金を借りるならば、大手消費者金融のキャッシングが便利です。アコムやプロミスなどの大手消費者金融なら、審査は最短30分、来店せずとも最短1時間程度でお金を振り込んでもらえます。手続きの早さと手軽さから、大手消費者金融は多くの人に選ばれています。

 

しかし、お金を借りる手段は大手消費者金融だけではありません。中小規模の消費者金融も営業していますし、銀行でもカードローンのサービスを取り扱いしています。また、カードローンではなく使い道自由なフリーローンもあります。

 

これからお金を借りるなら、これらの違いを把握して、自分にとってどこで借りるのが正解かを比べてみましょう。

 

キャッシングとフリーローンの違い

大手消費者金融ではなく、銀行などのフリーローンでも、使い道自由でお金を借りられます。しかも、フリーローンは大手消費者金融のキャッシングと比べて金利が低めに設定されています。同じ金額を借りるならフリーローンの方がお得に見えるかもしれません。

 

ただし銀行のフリーローンは、基本的に来店での手続きが必要です。融資までの時間もかかるので、すぐにお金が必要という人には向いていないかもしれません。また、フリーローンは多額の借入を一気に行うので、またお金が必要な時には、再度申込みや審査が必要になります。

 

大手消費者金融のキャッシングは契約後、繰り返し自由に借入れや返済が可能になります。必要な分だけ何度も利用出来るという点では、大手消費者金融のキャッシングの方が今後何かと役立つでしょう。

 

審査や融資の早さといった面で見ても、銀行よりも消費者金融のカードローンキャッシングは優れています。

 

大手消費者金融と中小の違い

大手ではない中小規模の消費者金融でもお金を借りられます。使い道自由で借入れができるという点では同じですが、手続きの簡単さでは大手消費者金融が勝っています。

 

大手消費者金融のキャッシングは、発行されたカードがあれば、ATMから簡単にお金を引出せます。

 

中小規模の消費者金融の場合、再度借入時にもATMでサッとは引き出せません。その都度消費者金融に借入れの申込みが必要になるので、2回目以降もサッと借りられるわけではありません。

 

ただし中小規模の消費者金融の場合、大手とは違った基準で審査を行っています。大手消費者金融は審査も通りやすいと言われていますが、債務整理をしている人や複数社で借入れしている人には厳しい傾向があります。

 

大手消費者金融で断られた人でも、中小規模の消費者金融なら借りられる可能性があります。利便性では劣っていて、金利も大手より高めに設定されているので、大手の審査に落ちた時の保険的な位置づけとなるのは否めません。

 

中小の消費者金融利用が向いている人
  • 総量規制内だけど大手の審査に通らない
  • 過去にトラブルを起こしてしまっている方
  • 何度も申し込みをしてしまっている方

 

銀行系のカードローンとの違い

消費者金融でキャッシングのサービスを取り扱いしている一方で、銀行でも個人向け融資のカードローンサービスに力を入れてきています。大まかな内容は大手消費者金融と同じで、カードを使って繰返し自由に借入れや返済が行えます。

 

銀行系カードローンは消費者金融と比べて金利も低い傾向にあります。その為、少しでも低金利で借りたいと、銀行系のカードローンを選ぶ人も増えてきています。手続きの早さも改善されてきていて、消費者金融のようにとはいきませんが翌営業日であれば申し込み後に借りられる銀行もあります。

 

ただし銀行系のカードローンは低金利な分審査が厳しいという声も多いです。また、大手消費者金融程には融通が利かない所が多く、平日15時を過ぎると審査が翌営業日に回されたり、土日祝日は契約手続きができかったりする銀行も多いです。その銀行の口座を開設しなければ契約や借入れができない銀行のカードローンもあります。

 

審査に自信があるなら銀行のカードローンもいいかもしれませんが、急ぎの時には融資の条件もしっかりと確認しておく必要があります。

 

三井住友銀行カードローンのように契約機を使えばカードの受け取り自体はその日に行えても、カードが使えるようになるのは最短で翌営業日となる場合もあるのでしっかりと確認をしておきましょう。
三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら

 

消費者金融と利息について知る

消費者金融のキャッシングは、手軽にお金を借りる手段として優秀です。最短1時間程度でサッとお金を貸してくれる機関は、実際中々ありません。ただし、消費者金融でキャッシングすれば、利息が発生します。大手消費者金融でも金利は高めだと言われているので、借りる時には注意が必要です。

 

例えばアコムの貸付け条件をアコムの融資時間のページで見ると、最高限度額800万円、金利3.0%~180%と表記されています。金利3.0%で借りられれば最高なのですが、大手消費者金融の金利は、借入限度額によって決まる部分が大きいです。数十万円程度の限度額のカードであれば、18.0%の金利が適用される人が最も多いです。

 

消費者金融で借りるなら、最高金利が適用されると思って申込みしましょう。

 

実際の利息は、年利に対する日割りで算出されます。例えばアコムで10万円借りたとして、年利18.0%なら、1年で18,000円の利息がかかる計算になります。ただし、限度額30万円のカードでも、50万円のカードでも、実際の利息は借入残高に対してのみしか発生しません。

 

10万円借りたのであれば、30日でかかる利息は1,479円となります。毎月返済を行っていけば借入残高が減っていくので、2カ月目、3カ月目と返済を続けていけば、かかる利息も少なくなっていきます。

 

より利息を減らすなら積極的な返済は欠かせず、毎月の最低返済金額の入金だけでなく多めに返済に回す必要があります。

 

消費者金融と総量規制とは

消費者金融なら手軽にお金を借りられますが、無制限に借りられるわけではありません。契約時には限度額が決まりますが、借りられる範囲は借入残高が限度額に達するまでです。返済をしていって借入残高が減れば、繰り返し借入れができます。

 

消費者金融の限度額については、総量規制という法律で規制がかかっています。年収の1/3を超える借入れは、法律によって禁止されています。例えばアコムの最高限度額は800万円ですが、実際に800万円まで借りられるのは、年収2,400万円を超える人に限られます。

 

年収300万円の人なら借りられるのは他社も含めた総額で、最高100万円までとなります。

 

また、消費者金融でお金を借りる場合、借入額が50万円を超える場合、もしくは他社を含めた借入総額が100万円を超える場合、収入証明書類の提示が義務付けられています。50万円を超える借入れを希望しているならば、直近の給与明細書や源泉徴収票などの書類も必要になるので、注意しましょう。

 

貸金業者が自社からの貸付けが50万円を超える貸付けを行う場合か、複数の貸金業者からの貸付合計が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書面の提出が必要になりました。
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-3.html

 

借入に制限があるのはデメリットに見えるかもしれませんが、総量規制は極度な借入れをして破産者が増えないように作られた法律です。総量規制のおかげで、収入に対して無理な借入れをせず、無理のない範囲でキャッシングができるという一面もあります。

 

消費者金融で効率よくお金を借りる

消費者金融でお金を借りると利息が発生しますが、利息を払うのが嫌で消費者金融を避けている人も多いです。誰でも余計な利息は払いたくないと思うものですし、金利が高いと言われている消費者金融なら、尚更利息は気になるでしょう。大手の消費者金融では、利息を払わずに、もしくは最小限に抑えてお金を借りる方法もあります。

 

1つ目の方法は初回の利用時に限りますが、無利息期間のある大手消費者金融で借りる方法です。例えばプロミスでは、初回借入時から30日間は無利息でお金を借りられます。

 

消費者金融では、最低の返済額が決まっていますが、多めに返済するのもまた自由です。無利息サービスでお金を借りて、無利息期間内に返済してしまえば、利息を全く払わずにお金を借りられます。

 

また、無利息期間がなかったり、無利息期間を過ぎてしまったりしたとしても、利息は借入れた日数分しか発生しません。例えばアコムで1万円借りたとして、1年でかかる利息は1,800円ですが、1日に換算するとたったの4.9円です。

 

急な入用で給料日前に1万円借りたとしても、3日後の給料日に返済するならば、利息は14円しかかかりません。必要な分だけ借りてすぐに返済してしまえば、ATM利用手数料より低い利息での借入も可能です。

 

消費者金融は金利が高い、返済が重くなるといったイメージを持たれている方も多いですが、使い方次第で便利に負担を減らして借りられるようにもなっているのです。

トップへ戻る