消費者金融の金利が高いと感じるなら銀行カードローン

消費者金融早さや手軽さに優れている反面、どうしても金利が高くなりがちです。一昔前のグレーゾーン金利時代に比べればマシになっているとは言え、それでも最大で年20.0%の金利、10万円以上を借りる場合には18.0%や15.0%の金利が取られるために利息がそれなりに大きくなってしまいます。

 

なるべく負担を軽くして借りたいとなれば大手消費者金融が実施する無利息サービスを使う手もありますが、基本的に無利息サービスは初回借入時にのみ適用がされるため、継続して負担が減らせるわけではありません。

 

今後も返済の負担を軽く、利息の払いを少なくして借りたいとなれば金利自体を低くして借りる必要があるため、消費者金融ではなく金利条件に優れる銀行カードローンを検討することとなります。

 

銀行なら低金利で借りられる可能性

銀行のカードローンは消費者金融と比べて、いくらか低金利で借りられる可能性があります。カードローンのために住宅ローンやマイカーローン、その他の目的ローンのような低金利での借入とはいきませんが、消費者金融と比べれば低金利で借りられるようにはなっています。

 

特にまとまった金額を借りる際においては銀行カードローンの金利は有利に働き、100万円を超えるような金額を借りるなら消費者金融ではなく銀行です。5万円や10万円の借入なら利息自体がそこまでかからないので気にすることもありませんが、大きな金額を借りるなら金利はシビアに見るべきです。

 

カードローンで大きな金額を借りること自体が実際にはそう多いわけではありませんが、例えば借り換えなどの用途で大きな金額を借りるなら、金利条件に劣る消費者金融ではなく、低金利で借りられる銀行カードローンを考えてみましょう。

 

そもそも借り換えとしての利用ならそこまで急ぐ必要がないので、消費者金融のカードローンでの借り換えを考えるのは違うとも言えます。

 

銀行カードローンは限度額ごとの金利に注目

銀行カードローンを利用する際に見ておきたい金利は、全体としての利率ではなく限度額ごとに設定がされている金利帯を見ておくようにしましょう。

 

というのも、銀行によっては全体の金利で見ると大して低くはないように見えても、限度額に応じた金利を見ると消費者金融よりも低金利となっており、低負担で利息を抑えて借りられる可能性があるためです。

 

例えばオリックス銀行カードローンは全体の金利は年1.7%~17.8%と上限金利は消費者金融と違いはありませんが、限度額ごとに定められている金利は段階的に下がっていくようになっています。

 

少額での借入はたしかに金利は消費者金融とはそこまで違いはないものの、100万円を超えるまとまった金額での借入をオリックス銀行カードローンで利用するなら、より低金利で低負担で借りられる可能性があります。

 

オリックス銀行カードローンの金利

100万円未満:年12.0~17.8%
100万円超150万円以下:年6.0%~14.8%
150万円超300万円以下:年5.0%~12.8%
300万円超500万円以下:年4.5%~8.8%
500万円超700万円以下:年3.5%~5.8%
700万円超800万円以下:年1.7%~4.8%

 

リボ払いからの借り換えにも使える

大きな金額を借りると低金利になるオリックス銀行カードローンは、他社リボ払いからの借り換えにも使えるカードローンとなっています。リボ払いはどうしても負担が大きくなりがちで、払っても払っても終わりが見えてきませんが、オリックス銀行カードローンへの借り換えで返済負担が軽くなる可能性があります。

 

特にリボ払いを複数抱えている方には効果が大きく、何社ものリボ払いの支払いを毎月行っている方はオリックス銀行カードローンへの借り換えを積極的に考えてみると良いです。

 

リボ払いからの借り換え利用でも申し込みはWeb上で来店不要、契約にあたってもオリックス銀行での口座開設は不要となるので手間はかかりません。また、オリックス銀行カードローンなら全国提携ATMで利用手数料無料でカードが使えるため、今のリボ払いの支払いよりも便利に返済が行えるのも利点です。

 

リボ払いからの借り換えとしてオリックス銀行カードローンを利用するためには、今のリボ払いの返済が正常に行えている必要があります。支払いができなくなってからでは利用ができないので注意が必要です。

 

審査が厳しくなりがちな銀行カードローン

便利に低金利に利用ができるのが魅力のオリックス銀行カードローンですが、その分だけ審査はどうしても厳しくなります。アルバイトやパートの方では申し込みは行えても審査通過は難しく、やはりある程度の水準での安定した収入は必須となります。

 

正社員として勤めている方、一定期間に渡る営業実績のある事業主の方などが中心となり、収入に対する他社での借入も多すぎれば審査では悪影響を及ぼします。

 

低金利で借りられる可能性がある分だけ審査は消費者金融と比べると厳しくなっているので、申し込みを行う際には自身の状況をしっかりと確認し、審査に通過ができる見込みがあるかの判断をしてから手続きを進めるようにしてください。

 

通る見込みがない審査は意味がない

審査は受けてみないことにはわかりませんが、だからといって通る見込みがない審査を受けても意味がありません。意味がないどころか信用情報機関に余計な履歴を残すだけマイナスとなってしまいます。

 

保証会社による審査で決まる

銀行のカードローンは消費者金融とは異なり、保証会社の審査によって借りられるかどうかが決まります。厳密には保証会社と銀行による審査となりますが、実際の貸付にかかる審査に関しては保証会社の審査が大部分を占めています。

 

オリックス銀行カードローンは保証会社が2社あり、どちらかの審査に通れば契約ができるために他銀行よりもスムーズな審査に期待が持てますが、それでも上でも触れているように消費者金融と比べると審査は厳しくなります。

 

申し込みをしたからといって必ず借りられるわけでもないので、余計な申し込みとならないように事前に調べられることはしっかりと調べておき、審査に通る可能性があると判断できる場合にのみ申し込みを行うと良いでしょう。

 

どの銀行にも言えることですが、お金が必要だからといって多くのカードローンに同時に申し込みをすると審査では不利になる可能性があります。オリックス銀行でも同様で、なるべく他社との同時申し込みはしないようにオリックス銀行カードローンに絞って申し込みを行うようにしてください。

トップへ戻る