明確な目的がある場合には目的型ローンを使うべき

消費者金融のカードローンは特に用途が決められているわけではなく、事業資金等を除けば自由な用途で利用ができます。生活費が足りないとき、支払いのお金がないときなどに便利で、その他にも買い物や趣味の費用としても当然ながら利用ができます。

 

買い物の費用として使う場合においても細かな金額だけでなく、大きな買い物の費用としてもカードローンは利用できます。例えば車を買うとなれば中古車なら数十万円以上、新車なら数百万円といったお金がかかりますが、カードローンでその金額が借りられるなら利用は可能です。

 

ただ、実際にはカードローンで数百万円を借りるのは簡単ではなく、特に消費者金融のカードローンの場合にはSMBCモビットのように最高限度額が800万円に設定されているとしても、高額な融資を受けるのは難しいといえます。

 

カードローンの基本は少額融資

消費者金融におけるカードローンは基本的に数万円から数十万円程度の枠に留まり、銀行カードローンなら審査の結果次第で大きな金額が借りられる可能性はあるものの、消費者金融では難しいです。

 

やはり目先の金欠を解消するための借入に留まるのが消費者金融であり、車を購入するようなまとまった金額を借りるのは現実的ではありません。

 

そもそも、仮に消費者金融で車を購入するだけの金額が借りられたとしても、金利が低くないために返済の負担が大きくなりすぎます。金利面で見ても消費者金融のカードローンは大きな金額を借りるには不向きなのです。

 

銀行カードローンなら中古車程度の購入代金としての借入も考えられますが、消費者金融では中古車の購入資金として借りるのも難しいと言わざるを得ません。

 

目的があるなら目的ローンを使いたい

車の購入に限らずですが、明確な目的がある場合には対応する目的ローンを使うようにしたいものです。車の購入であればマイカーローン、リフォームの費用として借りたいならリフォームローンといった具合です。

 

その他にも目的ローンとして利用ができるものがあり、カードローンの用途でもよく見られるものとして挙げられるのが教育資金の教育ローンです。部活動の費用で数万円が足りないならカードローンで良いですが、入学金や授業料といった大きな金額を借りるならカードローンより教育ローンです。

 

教育ローンならマイカーローンのように銀行で低金利で借りられるようにもなっているので、明確な目的を持っているならカードローンを利用するのではなく、対応をする目的ローンで借りるようにしましょう。

 

カードローンとマイカーローンの金利差

カードローン:年3.0%~18.0%(SMBCモビット)
マイカーローン:年2.4%~3.4%(静岡銀行)
参考:マイカーローン比較

 

教育資金を借りるなら教育ローン

カードローンは教育資金としての目的で借りる方も多く、5万円や10万円の教育資金ならたしかにカードローンで十分ですが、数十万円やそれ以上の金額を借りるなら一度は銀行などの金融機関の教育ローンを考えてみると良いでしょう。

 

銀行が提供する教育ローンは利用目的が決められており、しっかりとした資金使途を明確にする書類等が必要となる分だけ、金利などの条件はカードローンよりも大幅に優れています。

 

かなりの低金利で借りられる商品もあり、カードローンのように限度額内での繰り返しの借入は利用ができませんが、一度きりの借入であればカードローンよりも遥かに低金利で低負担で借りられるのが教育ローンです。

 

イオン銀行が提供する教育ローンを見てみると、変動金利で年2.8%~3.8%と消費者金融のカードローンとは比べ物にならない低金利設定です。借入金額も10万円~500万円と少額から高額まで対応をしているため、教育資金を借りるなら一度は検討をしておきたいものです。
イオン銀行の教育ローン公式サイト

 

目的に応じたローンは様々なものがある

車関連や教育資金のローン以外にも、目的に応じたローンは様々な種類が用意されています。銀行によって扱いがあるローン商品にも違いがあるため、すべてをカードローンでまかなうのではなく、カードローン以外の目的ローンで何とかできないかなども各銀行を見てみると良いでしょう。

 

目的に応じたローンがあればカードローンよりも低金利で借りられる場合が多く、金利が低くなれば当然ながら利息の払いも少なくなるので余裕を持って返済が行えます。

 

返済に余裕が生まれれば繰り上げ返済などでより早くに返し終えら得るようにもなるので、余計な利息を支払わないのは当然として、より早くに返し終えられるようにするためにも、なるべくなら低金利で借りられる目的ローンを利用したほうが良いでしょう。

 

カードローンは目的ローンが利用できない場合や、目的ローンとしては使えない使途に対して利用をするようにすれば、より良いローンとの付き合いができるようになります。

トップへ戻る